<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
当ブログを引っ越しました。 2016.5.13 以降の分は新しいブログ
<< ラグビー日本代表ヽ(^。^)丿 | main | 古井戸 ♪ 再会ライブ その1〜なんとか会場のある諏訪まで珍道中編 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

古井戸 ♪ 再会ライブがあるってんで...(プロローグ)

(長いので、分割しました(^^ゞ)


井上陽水の「夢の中へ」でフォークソングっちゅうものに目覚め、というか音楽というものに目覚めたボクが、次に聴いたのがエレックレコードのフォークシンガーの面々。
泉谷しげるだったり、なぎらけんいちだったり、佐渡山豊とか友川かずき、生田敬太郎、遠藤賢治.......

その中でも一番聴いてたのが、古井戸



その曲のほとんどを書いていた仲井戸麗一(以下「チャボ」)

'79年に解散した後は、以前から熱いラブコールを送っていた忌野清志郎のRCサクセションに加入。
その華々しい音楽活動は誰もが知るところ。
また、ずっと、「古井戸時代の曲はやらない」と公言。
当時のアルバムのCD化さえも許可しなかったと聞く。


一方、その曲のほとんどのボーカルを取っていた加奈崎芦太郎(以下「カナやん」)
あれだけの声量で歌いまくるボーカルは、当時のフォークソング界では、ダントツだった様に思う。

ただ、解散後は、チャボと比べて、あんまり陽の目は見てない様に思う。
(カナやん、ゴメン)
2000年(だったかな?)の渋谷ジャンジャン閉店週間で、チャボの代役を引き連れての古井戸としてのライブの時は、
「今宵奏でる、チャボの名曲の数々」
「チャボ来てくれないかなぁ、来てくれないんだよなぁ」って、盛んに言ってた(^_^;)


そんな古井戸が、再会ライブをやる!!と知ったのは9月。
それも、いつもまじめなコト書いてる、割とご高名な学者さんの些細なツイで (^_^;)。
ちょうど、札幌に行く直前のこと。
東京と諏訪の2公演。
バタバタしてたので、チケット取りは、札幌から帰ってきて暫くしてからのこと。
んが、東京は既に完売。
諏訪っつっても、ウチから車で2時間ちょいだから、諏訪まで行っちゃえ〜〜〜とチケット購入。


で、本日、行って来ましたとも。

40年以上前に相模原市民会館に、(今ではすっかり役者の)泉谷しげる、(悲惨な戦いがヒット中の)なぎらけんいちと共に出演した時。
前述の渋谷ジャンジャンの閉店週間に出た時。
そして、今回が3回目。
(意外と少ない(^_^;)




続きはこちら▽
そして、当日、諏訪の会場までの道のりは踏んだり蹴ったり
でも、ライブは最高♪♪

んじゃ (^_-)☆ /~~~ 
 
ShimaQ * 音楽/映画 * 23:02 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:02 * - * -

コメント

コメントする









※コメントは該当記事のコメント欄に書く様お願いします
 新しいコメントは、右カラム【Recent Comments】欄に表示されると共に、ブログ主に通知されます

トラックバック

このページの先頭へ